タルトゥ大学

タルトゥ大学 :北ヨーロッパと東ヨーロッパ で最も古い大学の 1つ

UT(タルトゥ大学)は、エストニアの主要な研究およびトレーニングセンターです。それはエストニアの人々の文化を保護し、研究と高等教育の提供における国の評判を先導します。UTは世界最高の大学の上位1.2%に属しています。

エストニアの国立大学として、UTは国際協力と世界中の評判の高い研究大学とのパートナーシップの重要性を強調しています。大学の研究の成果は、有名な研究大学の権威あるクラブであるコインブラグループに招待されたという事実によって証明されています。

UTには4つの学部があります。学生とアカデミックスタッフの専門能力をサポートおよび発展させるために、大学は31か国の79のパートナー機関との二国間協力協定を締結しています。

タルトゥ大学は、1632年にスウェーデンの王グスタフアドルフスによって設立されました。最初はアカデミアドルパテンシスと呼ばれていました。

スウェーデンのウプサラ大学をモデルにしたアカデミアドルパテンシスは、さまざまな分野で研究を進め、学習を進めることを目的としていました。タルトゥ大学(UT)は何世紀にもわたってこのアプローチを堅持し続けており、今日でもエストニアで唯一の古典的な大学となっています。UTでの研究は、医学や哲学、遺伝学、コンピューターサイエンスなど、さまざまなテーマに焦点を当てています。


エストニアの博士論文の半分以上がタルトゥ大学でかかれています。予備データによると、115の博士論文が2018年に作成されました。

エストニアの研究出版物の半分以上がタルトゥ大学の研究者によって出版されています。ETISによると、ISI Web of Scienceデータベースには7,500以上を含む約34,000の科学出版物があります。

物理化学の創設者である ヴィルヘルムオストワルトが1909年に ノーベル賞を授与 。


約14,000人の学生、1,800人の留学生、1,300人の博士課程の学生。


3600人以上の従業員。学術スタッフの69%が博士号を取得しています。200人の教授がいます(参照:人事統計)。

修士課程の卒業生の83%は、マネージャーまたはトップスペシャリストとして働いています。


医学部

タルトゥ大学で医学を学ぶ理由

「ハンズオン」プログラム:学生はタルトゥ大学病院で多くの実践的なトレーニングを受けます。

タルトゥ大学病院 はエストニアで最大の医療提供者であり、様々な医療分野で、高いレベルの専門家を擁するエストニアで最大の医療機関です。

UTは、臨床医学の分野で世界で最も引用(論文や文献)されている大学や科学機関の上位1%に入っています。

エストニアの医師の99%がタルトゥ大学を卒業しています。

さらに新しく改装された最先端の実験室と 研究環境があります。